マイナンバーとは わかりやすく

マイナンバーとは わかりやすく

最近、テレビなどでよく耳にするマイナンバー制度ですが、実際、いつから、どのように利用するのかご存知でしょうか?
まず、平成28年1月からマイナンバー制度が開始され、様々な行政機関において、このマイナンバーが必要になってきます。
利用する機関は、国や地方自治体をはじめとし、民間企業でも利用する事があります。
国や自治体の場合、主に社会保障、税、災害対策などに利用される事となっており、年金をはじめとし、医療保険の手続きや児童手当の手続き、生活保護などの手続きにおいても、マイナンバーの提示が必要となってきます。言いかえれば、今まで面倒な書類の提出が必要だった手続きにおいては、マイナンバーを提示する事で、そのような書類の記入が不要になる場合も多く、そういった面においては、手続きを簡単に済ませる事ができるようになったと言う事が言えると思います。
その他、勤務先や保険会社などにもマイナンバーの提示が必要になってくる事になります。
勤務先の場合、従業員の健康保険の手続きや厚生年金の加入手続きなどを行う為に必要となり、その他、源泉徴収の際にもマイナンバーが必要となってくる為、提示を求められた場合は、提示が必要になってきます。
このように、平成28年から本格的に開始されるマイナンバー制度。行政機関への提示の他、勤務先や加入している生命保険などへの提示も必要になってきます。だからと言って、大切な個人情報であるマイナンバーの為、理解した上で提示する事をお勧めします。"